株式会社BOTAO

クリエイティブディレクターの持ち物や服装ってどんな感じ?

 : 

トップ > トピックス > ブログ > クリエイティブディレクターの持ち物や服装ってどんな感じ?

こんにちは。ディレクターのきっしーです。

今回はクリエイティブディレクターの自分が、クライアントとの打ち合わせでの持ち物や服装などをご紹介しようかと思います。
これからディレクターを目指している人にとっては少しでも参考になればと思いますし、すでにディレクター職の方は「フムフム」程度に参考になればと思います。

持ち物編

ビジネスリュック

以前はトートバックタイプのビジネスバックを使っていましたが、なんとなく両手を開けたいなという思いから「ビジネスリュック」へ変えました。
リュックの大きさは購入する際にかなり迷いましたが、ミーティングも以前と違ってオンラインが多くなり訪問が少なくなったので、薄型でコンパクトなタイプを選びました。

MacBookAir

見た目はMacBookAirですが、実は中身はWindowsなんです。(ゴリゴリのWindowsユーザーです。)
BootCampを使って動かしています。
クライアントとの話のネタにも活躍する優れものです。

名刺入れ

できる限り多く入るように2ポケットの容量多めのタイプを使っています。
かれこれ10年以上使い続けている良き相棒です。

筆記用具+ノート

昔はPC内のメモなどでクライアントとの打ち合わせ内容をメモっていましたが、自分の性格上管理がなかなか上手く出来なかったので、数年前からノートでのメモへ変更しました。
自分的にはしっくり来てます。

時計

できる限り文字盤が大きくて読みやすくシンプルな時計をしています。
ちなみにメーカーはKnotというメーカーで、本体やバンドをカスタマイズできるので気分に合わせてバンドを変えたりしています。

服装編

会社は基本的に私服なので打ち合わせの時にジャケットなどを着ます。
セットアップスーツがあまり好きではないので、BOTAOに入社した際にすべて処分しました。
いわゆるビジネスカジュアルのジャケパンスタイルです。

ジャケット

昔からORIHICAが好きで愛用しています。
価格も手頃で、自分の体系にも合いますしデザインが自分好みです。
色も無難な紺や黒、チェック、茶など気分によって変えています。
フラワーホール(左襟の穴)にピンやバッジを付けてオシャレを楽しんでいます。

シャツ

会社はノーネクタイなので、昔ネクタイをしたいた時に着ていたボタンダウンタイプはすべて処分しました。
最近はバンドカラータイプを好んで着ています。
色も紺、茶、チェック、グレーなど様々です。
ちなみにジャケットを着ない季節はポロシャツです。

パンツ

セットアップは処分したので、パンツは基本チノパンが多いです。

オシャレは足元からと言いますので特に気を使っていると言いたいところですが、一番気を使っていません。
服に合わせて茶と黒の2足を持っていますが、1年に1回手頃な価格のものを買い替えています。

まとめ

如何でしたか?少しは参考になったでしょうか。
持ち物は基本コンパクトに、服装は自分に合ったもので小綺麗感が出るように意識はしています。
今はこんな感じですが年齢によって合う色や形などもあるようなので、パーソナルカラーなんかを意識して選んでいきたいと思います。


この記事を書いた人

きっしー
クリエイティブディレクター / カメラマン
きっしー

関連記事

ファッションを通じて「ページトップに戻る」不要説の立証を試みる【後編】…オシャレ……
あんちゃん、働きながら時計の学校へ通う
切り絵に初挑戦して東京オリンピックを応援するはずだったが・・

最近の投稿

カテゴリ

タグ

アーカイブ

そのほかの記事