株式会社BOTAO

ダンボール箱で始まった、私にとってのBOTAO

 :     : 2021.06.7

トップ > トピックス > ブログ > ダンボール箱で始まった、私にとってのBOTAO

今の新オフィスに引越してきて3ヶ月が経とうとしています。

新オフィスは、
リフォームしたて!キレイ!
歩いても床が揺れない!
私の担当の『子どもアトリエ』のスペースも作ってもらえた!(この話はまた)
多目的に使える 可能性あるオフィスだと思っています。

今回は、ここにくるまでの 在籍12年間で感じた 仕事場について思うこと を綴ってみました。

12年間お世話になったオフィス

ここに越してくる前の旧オフィスには 約12年間お世話になりました。
居心地がよかったのは勿論、生活の大半を過ごしていたわけで、当たり前のように居させていただいた場所でした。

私が入社した12年前、BOTAOは社長1人でした(現在は9人!)。
だだっ広い部屋に社長と私のデスクが1つずつ。
床は古そうなグレーのカーペット。それとパイプ棚が1つ。
家具というものはそのくらいで、床や壁が丸見えでした。


社長

デスクは好きなところに移動していいから


立ち尽くしている私に、社長は気さくに声をかけてくださいました。

たしかに、、移動し放題だ。

そう思いながら、与えられたデスクを窓際に寄せてみたり、入り口に近づけてみたり、、ガランとした部屋の中をあちこち移動して暫く楽しみました。
その後、隅に置いてあったダンボールを見つけた私は、迷わずそれで棚を作り始めたのを覚えています。
デスクに引き出しがついて無かったことと、ダンボール工作は得意なので。


社長

何してるの?棚ぐらい買ってあげるよ


わたし

いえいえ、私ダンボールアート得意なんです!

社長の優しい声に
手を止めずに作り続けていた 当時の自分が恥ずかしい。。

今思えば、私にとってあの時のオフィスは「0からの始まり」であり、
これから創り出せるあらゆる可能性を感じ、その環境を楽しんでいました。


急に走り出した毎日

それからスタッフが1人増え、少人数の頭で絞り出した企画がなんと大当たり!
まるで快速?特急?..とにかくものすごいスピードで仕事というものに追っかけられる日々が始まったのです。

スタッフも3人、4人、5人と増えていき、
新しい棚。
新しいトイレ。
新しい床。
新しい観葉植物。。

(歩くと床が揺れて響く件はどうしようもないのですが、、。)

必要なものを ひとつずつ手に入れ
快適なものへと ひとつずつ変えていき、
自分で作ったあのダンボールの棚はいつからか消えていました。

▲12年前のBOTAOのHP

さぁ、すっかり整ってきたオフィス。お仕事の効率もアップするぞー!
よく笑い よく話し、そんな時はアイディアも降ってきてすべて順調!!

ところが、
仕事場っていい時もあれば悪い時もあるものですよね。
沢山の仕事を前にしてありがたい気持ちの一方で、
イライラしたり、意見がぶつかったかと思えば、コミュニケーション不足の誤解が生じたり。。
心に余裕がなくなる日々でした。

オフィスはいい感じに変化してきたのに、それを感じる自分を見失っていた時期でした。

変わっていくこと

その頃から、同僚との話題に 自分が進みたい道。人生どう生きたいか。
なんてことが増えていたと思います。
行き詰まっていた現実があったからこそ、話せたのかもしれないな。

自然な流れで人の入れ替わりもあり

新しい今のオフィスと出会うことになりました。

お仕事、人、その場所

そんなこんなで大変お世話になった旧オフィス。
私にとっては、見守られていた様な 安心感のある場所でしたので、
新オフィスになってからというもの、全てが新しく綺麗すぎて怖くもあり、ザワザワ落ち着かない日々を過ごしていました。

少しでもこのザワザワから逃れたく、早くこのオフィスと仲良くなりたーーーい!!
その一心で、余っていたダンボール箱で椅子を作り続けていました(そんな自分も怖いですが。。)

気づかないうちに、私はダンボール箱に不安を受け止めてもらっていたのかもしれませんね。

まぁでも、私の不安は長くは続きませんでした。
日々スタッフみんなとわんやわんや仕事をして行く中で、オフィスの空気感はどんどん変化していったからです。
さらに、社内スペースに作られたアトリエに子どもたちが来ると、不安は嘘みたいに吹っ飛んでいきました!

環境は、いい場所との出会いと そこに存在する人で創られていくのだなと
あらためて体感できた今日この頃です。



創っていけるって やっぱり楽しい!


最後までお読みいただきありがとうございました。
これからBOTAOのみんなと、子どもたちと、何をつくっていこうかね〜^^



この記事を書いた人

えっこ
アートワークセラピスト / デザイナー
えっこ

関連記事

都内から日帰りで!アートに興味がなくてもわざわざ行きたい!自然と美味しいご飯を楽……
あんちゃん、働きながら時計の学校へ通う
BOTAOってインハウス化からはじまったよね。

最近の投稿

カテゴリ

タグ

アーカイブ

そのほかの記事