株式会社BOTAO

不得意分野が仕事になる

 : 

トップ > トピックス > ブログ > 不得意分野が仕事になる

エンジニアのあんちゃんです。

私は今「エンジニアの」と名乗っておりますが、
大学生の時の私は、まさか自分が「エンジニアの〜」と名乗っているとは思っていませんでした。

高校生の私はパソコンを触ったことはほぼなかったのですが、
大学に入ると同時に自分用のパソコンを強制的に買わされ、
授業や課題提出はほぼパソコンで、という環境でした。

パソコンのパの字も分からん私は、大学で友達になったみんなと試行錯誤しながらパソコン操作・officeソフトの操作などを学んでいきました。

そんな中「C言語」「サーバー構築」「アルゴリズム」「データベース」などの授業。
パソコンのパの字も分からん私が入学していますが、大学としては情報系最前線の大学でした。

パソコン操作で右往左往している私に、これらの授業はまさに「泣きっ面に蜂」

そう、何が何だか意味不明…苦

これらの授業の単位をなんとか取りましたが、その時の私の手応えとしては

…これ系(エンジニア、プログラマなどの技術者)は私には無理〜〜><

笑。

このまま大学卒業まで、不得意が解消されることはありませんでした。

ではなぜ、「私には無理〜〜」と思っていた私が
「エンジニアの〜」と名乗っているのか??
実は毎日、不得意&嫌いなことが仕事になって辛い思いをしているのか…;_;

いやいや、Web系のコードをいじる今の仕事はかなり好きです!

どこで「嫌い→好き」になったのか?

必要に駆られた時初めて興味を持ち、情報が頭に入り始める

大学の頃に学んでいたことは、「情報・システム」関連では基礎の基礎に当たる部分なので大事な内容でしたが、学ぶ目的がない(これを勉強して、何が作りたい、どうしたいがない状態)と、あとは学ぶ内容自体がよっぽど面白そうなものでない限り、興味を持つことなく記憶からも消されていき…。。

大学卒業後に就職したところは、エンジニア・プログラマとは無縁のところでしたが、
そんな中、あるCMSでの自社サイト更新作業を任されることに(私が情報系の大学出ということで、有無を言わさず任されてしまいました…)。

そのCMSはHTMLコードのみ書き込み可能で、CSSやJSなどについてはなかったのか、そもそも私にその知識がなかったのか…

とにかく、HTMLでの装飾がほぼできない状態(ただの文字列に、htmlコードのcolor=“red”などで色をつけていくくらいの装飾)だったので、

「こんな装飾ができない」「こんなふうに表示はできんのか!?」「…なんもできんな」という、使っているCMSのせいなのか、自分の知識の薄さのせいなのかわかりませんが、できないことへのストレスが溜まっていきました。

そしてここから、HTMLについて興味を持ち始めます。

HTMLは人間の体(骨組み)
CSSは服と化粧(見た目の装飾)
JSは動き(動作)

そんな種類の違いや(もちろん今はCSSで動きだってできるし、JSが見た目の動きしかやれないわけでは全然ありませんので、このような線引き自体が違うのかもしれませんが)、

上記のようなHTMLファイルを作れたとしても、これをインターネット上に作って公開とはどういうこと?や、

そもそもこんなHTMLファイルを作ってアップロードしなくても、会社の自社サイトの更新は何かしらの登録画面があったな?あれはどう動いているの??など

興味の範囲が広がり始めるのですが、この興味の最初は「うまく作成・運用できないことへのストレス」を解消しようとすることから始まったのです。

何か目的があって、それを解決するために情報収集をすると、身につくし、問題が解決したときに嬉しくなります。

こうして、

…これ系(エンジニア、プログラマなどの技術者)は私には無理〜〜><

と思っていた若かりし頃の私に反して、その分野に興味を持ち始めました。

まとめ。自分の個人的な苦手意識の当てにならないことよ…

さて、現在「エンジニアの〜」と名乗っている私ですが、
実は元々は、エンジニアと名のつく情報・システムの分野は苦手でした。

自分が持つ苦手意識ほど、当てにならないものはありません。

「アイツ、あんまり好きじゃないかも〜」と思っていても、話してみると違うかも?
ゆくゆくは大親友になっているかもしれませんよ!


この記事を書いた人

あんちゃん
フロントエンジニア / ディレクター
あんちゃん

関連記事

[ライフハック]テレワーク中のデスクワークをどれだけ快適に過ごせるか問題
あの「中銀カプセルタワービル」が埼玉に!?
クリエイティブディレクターの1日(テレワーク編)

最近の投稿

カテゴリ

タグ

アーカイブ

そのほかの記事